*キニナル知恵袋*

気になる疑問を解決します!

市販の食パンで安全なものはどれ?原材料や添加物を徹底比較!

time 2017/07/04

市販の食パンで安全なものはどれ?原材料や添加物を徹底比較!

朝食には欠かせない食パン。

私も朝はパン派なので、食パンは常にストックしています♪

しかし、市販の食パンにはたくさんの種類があり、どれを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。

できれば体に良くて安全なものを選びたいところです!

そこで今回は、市販の食パンをいくつかピックアップし、原材料や添加物を徹底比較して安全な商品はどれなのか?について調べてみました☆

ぜひ、毎日の食パン選びにお役立てください^^

スポンサーリンク

市販の食パンで避けたい添加物について

まずは、食パンに含まれる添加物で避けたいものについてお話しようと思います。

人により避けたい基準は異なるかと思いますが、最低限避けたいものは下記のとおりです。

①マーガリン
②ショートニング
③ファットスプレッド
④植物油脂
⑤イーストフード
⑥乳化剤
⑦香料
⑧臭素酸カリウム

①~④については「トランス脂肪酸」が懸念されます。

トランス脂肪酸の危険性について、詳しくはこちら↓にまとめています。
マーガリンの危険性!バターとの違いと健康への影響について
 

⑤のイーストフードについては、よく見かける添加物名ですよね。

イーストフードとは一つの物質を指しているのではなく、塩化アンモニウム、硫酸カルシウムなど18種類存在するもので、それらの総称のことです。

食パンを作る時には、その中から複数がチョイスされて使われています。

これにより“ふっくらしたパン”を作ることが出来るのですが、イーストフードの中には毒性の強いものも存在します。

中でも「塩化アンモニウム」は、動物実験で死亡が認められたほど危険なもの。

危険なイーストフードを避けられたら良いのですが、残念ながら原材料の表示は「イーストフード」で良いとされており、どの成分が使われているかの表示義務はありません

よってイーストフードは避けた方が良いでしょう。

 
乳化剤、⑦香料についても、イーストフードと同様に数種類存在するにも関わらず、原材料の表示は一括表示で良いとされています。

乳化剤の中には、発がん性や腫瘍を発生させたり、骨粗しょう症の原因になる物質も存在しています。

乳化剤はいわゆる「防腐剤」の目的で使われることが多いようで、食パンが腐らない理由はココにあるようです。


このほか⑧の臭素酸カリウムは非常に有毒で、動物実験で腫瘍や癌を発生させており、EU、カナダ、中国をはじめとする海外では使用禁止となっています。

臭素酸カリウムは、ヤマザキの汚名となった添加物で有名です。(2014年2月より使用をやめているようです)

しかしながら、日本では製造過程における加熱で分解され、残存がゼロになるという理由で使用が禁止されていません。

また、原材料への表示義務もありません

危険性が分かっているにも関わらず、日本での使用が禁止にならないことが不思議でなりません…。

添加物はブラックボックスです。分かりづらくしていて、ごまかしている部分が多いです。

今回紹介した以外にも、添加物はなるべく避けるに越したことはありません!

スポンサーリンク

市販の食パンの原材料をチェック!

避けたい添加物が分かったところで、次にいくつかの市販の食パンの原材料を見ていきましょう☆

今回は「ヤマザキ」「フジパン」「パスコ」「セブンプレミアム」「トップバリュ」「タカキベーカリー」を取り上げていきます!

※各メーカーにて適宜、原材料の変更があることがございます。
ここに記載した内容は、2017年7月現在のものです。

ヤマザキ


「超芳醇」
小麦粉、糖類、マーガリン、パン酵母、バター、食塩、脱脂粉乳、発酵種、植物油脂、醸造酢、乳化剤、イーストフード、V.C

「ダブルソフト」
小麦粉、糖類、ショートニング、マーガリン、パン酵母、全卵、脱脂粉乳、ナチュラルチーズ、牛乳、発酵種、植物油脂、乳清ミネラル、乳化剤、イーストフード、香料、V.C
「新食感宣言」
小麦粉、糖類、ファットスプレッド、米粉、パン酵母、脱脂粉乳、食塩、発酵種、加工デンプン、乳化剤、酢酸Na、糊料(増粘多糖類)、イーストフード、V.C
「ふんわり食パン」
小麦粉、糖類、植物油脂、パン酵母、ファットスプレッド、食塩、発酵種、脱脂粉乳、乳化剤、酢酸Na、糊料(キサンタン)、イーストフード、甘味料(ステビア)、香料、V.C
「ロイヤルブレッド」
小麦粉、糖類、マーガリン、バター、パン酵母、食塩、発酵種、脱脂粉乳、植物油脂、乳化剤、イーストフード、V.C

ヤマザキは臭素酸カリウムの使用をやめたとはいえ、添加物のオンパレードです!

マーガリン、ショートニング、ファットスプレッド、乳化剤、イーストフードなど避けたい添加物がたっぷり使われていますね。

フジパン


「本仕込」
小麦粉、砂糖、脱脂粉乳、食塩、バター入りマーガリン、ショートニング、パン酵母、発酵風味料、乳化剤、V.C

ヤマザキより若干シンプルですが、バター入りマーガリン、ショートニング、乳化剤などが気になります。

パスコ

「超熟」
小麦粉、砂糖、バター入りマーガリン、パン酵母、食塩、米粉
「超熟国産小麦」
小麦粉、砂糖、バター、パン酵母、米粉、発酵種、食塩、醸造酢

「麦のめぐみ全粒粉入り食パン」
小麦粉、糖類、ショートニング、小麦ふすま、小麦全粒粉、パン酵母、食物繊維、ライ麦粉、小麦たんぱく、食塩、醸造酢、玄米粉、米粉

「イーストフード・乳化剤は使っていません」と表記のあるパスコの食パン。

一見優秀な原材料ですが、「超熟」と「麦のめぐみ全粒粉入り食パン」は、それぞれバター入りマーガリンとショートニングが使用されていて惜しい!

「超熟国産小麦」は合格です♪しかも国産小麦100%使用と文句無し!

セブンプレミアム

「フランス産発酵バター香る生クリーム使用の金の食パン」
小麦粉、クリーム(乳製品)、砂糖、乳等を主要原料とする食品、バター、発酵種、食塩、パン酵母
「香り豊かなもっちり食感 セブンブレッド」
小麦粉、砂糖、米油、湯種、食塩、パン酵母、米粉、発酵バター、発酵風味料、小麦ふすま(一部に乳成分、小麦を含む)

セブンイレブンで気軽に手に入るにも関わらず、「金の食パン」は優秀な原材料!

「セブンブレッド」は価格がリーズナブルな分、原材料の質もやや低くなっています。

また、以前は植物油脂の表記だった部分が「米油」の表記に変更されています。

米油はサラダ油よりは栄養価も高くトランス脂肪酸も少ないと言われていますが、0ではありません。
また、発酵風味料などやや分かりづらい表記がありマイナス。

以前発売していた「豊かな味わい食パン」はリーズナブルにも関わらず油分はバターだけだったので、残念です。コスト削減でしょうか…。

トップバリュ

グリーンアイ「パン・ド・ミ 角食」
小麦粉、砂糖、パン酵母、食塩、オリーブ油、発酵風味料(小麦を含む)、乳等を主要原料とする食品
ベストプライス「毎日の食卓」
小麦粉、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、マーガリン(大豆を含む)、パン酵母、食塩、砂糖、脱脂粉乳、発酵種(乳成分を含む)、乳化剤(乳成分を含む)、酢酸Na、イーストフード(小麦を含む)、ビタミンC、香料(乳成分を含む)、カロテノイド色素

トップバリュとは、イオンのプライベートブランドのこと。

グリーンアイ「パン・ド・ミ 角食」は、オリーブオイル使用。

マーガリン、イーストフード、乳化剤不使用でかなりシンプルな原材料ですね♪

ただ、オリーブオイルは健康効果のあるエキストラバージンとの表記はなく、高熱での酸化がやや心配されるところ。

ベストプライス「毎日の食卓」については避けたい添加物が使われていてNG。

タカキベーカリー

「朝の食パン」
小麦粉・砂糖・サワー種・パン酵母・オリーブ油・バター・ホエイパウダー・小麦たん白・食塩・醸造酢・還元水飴・モルト・発酵風味料・脱脂粉乳・乳等を主要原料とする食品・ビタミンC
「ライ麦トースト」
小麦粉・ライ麦・糖類・パン酵母・サワー種・バター・食塩・醸造酢・発酵風味料・ホエイパウダー・脱脂粉乳・酸味料・ビタミンC
「玄米食パン」
小麦粉・玄米粉・ショートニング・小麦ふすま・三温糖・小麦たん白・パン酵母・ホエイパウダー・食塩・乳製品・醸造酢・カラメル色素・ビタミンC
「イギリスパン」
小麦粉・砂糖・ショートニング・パン酵母・食塩・全卵・醸造酢・モルト・ビタミンC

タカキベーカリーは価格設定もやや高く、玄米、ライ麦など一見「健康的」な印象を受けます。

しかしながら、よく見るとショートニングやマーガリンが使われていますね。

一見健康的な売り文句の商品こそ、細部まで原材料をチェックしないといけません。

ライ麦トーストや朝の食パンには、以前はマーガリンやショートニングが使われていましたが、現在はバターやオリーブオイルに変更されています。

原材料が見直されて、改善しているようですね!

市販の食パンで安全なものはコレ!


以上、比較してみた結果、おすすめできる食パンを1位~3位まで発表します^^!

第1位.パスコ「超熟国産小麦」

国産小麦100%使用で、危険視される添加物が一切含まれておらず、文句なしの1位です!

第2位.セブンプレミアム「フランス産発酵バター香る生クリーム使用の金の食パン」

やや値段は張りますが、安全な原材料で、しかも美味しい!

コンビニで手に入りやすいのも高ポイントです♪

第3位.トップバリュ グリーンアイ「パン・ド・ミ 角食」

オリーブオイルの酸化がやや気になるものの、避けたい添加物はクリア。

安心して食べられる食パンとしてオススメできます♪

まとめ

あなたが普段から食べている食パンは、安全な商品でしたか?

毎日食べるものだからこそ、安全な商品を選ぶ必要性があるのです。

他にも食パンはたくさんありますが、原材料をしっかりとチェックして、自分のため、家族のために、安全な商品を選んで下さいね^^

*関連記事*
マーガリンの危険性!バターとの違いと健康への影響について
ハムベーコンソーセージの添加物は湯通しで除去!安全な商品の選び方

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

*検索したい文字列を入力してください

アーカイブ