*キニナル知恵袋*

気になる疑問を解決します!

山口県の蛍の名所9選!最適な見頃時期や時間帯もご紹介♪

time 2017/06/08

山口県の蛍の名所9選!最適な見頃時期や時間帯もご紹介♪

梅雨がやってきました。

夏も近づく初夏の時期に楽しめる、日本の風物詩といえば「ホタル」ですね^^

自然豊かな山口県には、ホタルを鑑賞できるスポットがたくさんあります☆

そこで今回は、厳選した山口県のホタルの名所を9ヶ所ご紹介致します!

美しいホタルを鑑賞して、じめじめと憂鬱になる梅雨を吹き飛ばしましょう♪

最適な見頃時期や時間帯についても紹介していますので、参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

山口県で蛍が観られる名所9選☆

それでは早速、山口県のホタルの名所スポットを見ていきましょう^^

県内有数の蛍の名所を、山口市、岩国市、長門市、下関市からそれぞれご紹介いたします☆

山口市「一の坂川」

ご存知の方も多いかと思いますが、山口市内を流れる一の坂川は、県内でも有数の蛍鑑賞スポットです。

市街地にあるにも関わらず、ここでは天然記念物である“ゲンジボタル”を鑑賞できるということで、毎年多くの人出で賑わいます☆

川沿いにはお店もたくさんありますので、散歩がてら訪れてみてはいかがでしょうか?

私も見に行ったことがありますが、とても幻想的で美しかったですよ^^

見頃の「ほたる観賞Week!」期間中の土曜日には、ほたる祭りが行われます。

【詳細】

☑住所:山口市後河原中後河原
☑地図:地図はこちら
☑アクセス:JR山口駅から徒歩20分
小郡ICから車で約25分
新山口駅から車で約35分
☑見頃時期:5月下旬~6月上旬
☑時間帯:20時~22時
☑ほたる祭り:2017年6月3日(土)

山口市「宮野ホタルの里」

宮野ホタルの里の椹野川流域は、人が比較的少ない穴場の鑑賞スポットです☆

小学生が育てた幼虫を毎年放流するなど、ホタルの棲める美しい環境を地域をあげて守っているという素晴らしい街づくりが行われています。

「ふるさといきものの里100選」や「山口ゲンジボタル発生地」として国の天然記念物に指定されている貴重な場所なので、ぜひ訪れたいですね^^

駐車場はありませんので、路肩に駐車しましょう。
(ほたる祭りの期間中は、「山口ふれあい館」に停めることができます。)

【詳細】

☑住所:山口市宮野上河原
☑地図:地図はこちら
☑アクセス:JR山口駅から車で約20分
山口ICから国道262号線経由車で約15分
☑見頃時期:6月上旬~中旬
☑時間帯:20時~22時
☑宮野ホタルまつり:2017年6月10日(土)18:00~21:00
(雨天の場合は6月11日(日)に延期)

山口市「佐波川関水」

山口県の中央部を南流している佐波川は、防府市、山口市、周南市をまたぐ一級河川。

6月からアユ釣りが解禁されており、多くの釣り人でも賑わう綺麗な川です。

「関水(せきみず)」とは、平安時代末期、重源が東大寺再建のために切りだした材木を搬出しようと佐波川をせきとめて作った水路のこと。

佐波川関水は山口市の徳地に位置し、ホタルの名所としても有名です☆

佐波川沿いの橋の上であればどこでもホタルが鑑賞できるので、人込みを避けたい方は周辺を散歩してみても良さそうです^^

星空が綺麗な場所でもあるので、天気の良い日に川辺のゲンジボタルと星空を観に出かけてみてはいかがですか?

【詳細】

☑住所:山口市徳地船路
☑地図:地図はこちら
☑アクセス:JR防府駅から車で約60分
中国自動車道徳地ICから車で20分
☑見頃時期:5月下旬~6月中旬
☑時間帯:20時~22時

岩国市「府谷川流域」

岩国市錦町にある府谷川の流域は、ホタルの自然群生地として有名なスポット。

ここではゲンジボタルとヘイケボタルが生息しています☆

周辺の灯も少なく、交通量も少ないのでゆっくりとホタルを楽しむことができますよ^^

6月中旬には「府谷ほたるまつり」が開催されます。

暗闇の中で静かに舞うホタルの幻想的な光景を、ぜひ満喫してみてください♪

【詳細】

☑住所:岩国市錦町府谷
☑地図:地図はこちら
☑アクセス:錦町駅から岩国市生活交通バス(錦地域)で約20分「府谷」下車
岩国ICから車で50分
☑見頃時期:6月上旬~下旬
☑時間帯:20時~22時
☑府谷ほたるまつり:2017年6月10日(土)
スポンサーリンク

長門市「深川川上流・ほたる橋周辺」

長門市にある深川川の上流にある「ほたる橋」の周辺では、ゲンジボタルを観賞することができます。

長門湯本温泉街が近くにあり、宿の中には宿泊客限定でホタルバスのサービスを行っているそうですよ☆

深川川上流・ほたる橋周辺以外にも、地元民の知る人ぞ知る穴場へ連れて行ってくれるかも?^^

湯本温泉は、全国で10ヶ所しかない天然記念物「音信川ゲンジボタル」の指定地でもあります。

ゆったりと温泉と蛍を満喫して、初夏のおとずれを感じてみてはいかがでしょうか?

【詳細】

☑住所:山口県長門市渋木
☑地図:地図はこちら
※地図は深川川の近くにある渋木駅です。
こちらに詳しい地図があります→るるぶ.com
☑アクセス:中国道美祢ICから国道316号経由30分
JR渋木駅より徒歩15分
☑見頃時期:6月上旬~7月上旬
☑時間帯:20時~22時

長門市「音信川・大寧寺川」

長門市にある、音信川(おとずれがわ)と、大寧寺川(たいねいじがわ)。

こちらも、長門湯本温泉街が近くにあります。

音信川のゲンジボタルは、下関市豊田町のゲンジボタルとともに国の天然記念物に指定されています☆

対岸の大寧寺の街灯が明るいのが少し残念ですが、美しく照らしだされる水面とホタルの光が相まって、絶景ですよ^^

【詳細】

☑住所:山口県長門市深川湯本
☑地図:地図はこちら
☑アクセス:JR長門湯本駅から徒歩10分
中国道美祢ICから国道316号経由30分
☑見頃時期:6月上旬~下旬
☑時間帯:20時~22時

長門市「七重川」

長門市俵山七重にある七重川。

七重川の周辺一帯はゲンジボタルを鑑賞することができる、ホタルの名所です☆

中でも「七段の滝」近くの“七重川河川公園”付近は絶好の鑑賞スポットなのでオススメですよ^^

6月上旬には「手作り蛍祭in俵山」も開催されます。

開催当日は、緑の砂防公園からほたる観賞に適した“七重川河川公園”などに無料のシャトルバスが運行されるので、ぜひ訪れてみて下さい♪

【詳細】

☑住所:山口県長門市俵山七重
☑地図:地図はこちら
※地図は七重川の目の前にある、七重川河川プールです。
☑アクセス:中国道美祢ICから県道38号経由50分
JR長門湯本駅からサンデンバス下関駅前行き20分、バス停:俵山温泉下車、徒歩25分
☑見頃時期:6月上旬~中旬
☑時間帯:20時~22時
☑手作り蛍祭in俵山:2017年6月10日(土)18時~

下関市「豊田町全域」

下関にある豊田町は、町の全域でホタルを鑑賞できる地域。

ホタルを町の観光の目玉にしているほどで「ホタルの里ミュージアム」や「蛍街道西ノ市」という道の駅もあります。

「蛍街道西ノ市」では、ホタルに関する情報を色々と教えてくれますので、気になるここに寄ってみると良いですね^^

豊田町の中でも、俵山温泉の近くにある「木屋川(こやがわ)」はたくさんの蛍が観られるのに人や車が少ない穴場スポットなのでオススメです☆

ここでは、舟の上から国の天然記念物であるゲンジボタルを見ながら川下りを楽しむことも出来ます(要予約)。

【詳細】

※木屋川の情報を記載しておきます。

☑住所:下関市木屋川流域(豊田町中畑より殿敷大井堰)
☑地図:地図はこちら
☑アクセス:美祢ICから車で30分
小月ICから車で20分
☑見頃時期:5月中旬~6月下旬
☑時間帯:20時~21時半
☑豊田のホタル祭り:2017年5月27日(土)・6月3日(土)

下関市「歌野川ダム周辺」

下関市にある歌野川ダムの自然活用センター付近では、ゲンジボタルが数多く生息することで有名です。

先ほどご紹介した、木屋川本流に注ぐ川が歌野川です☆

ここでは竹灯ろうが設置されており、ロウソクの光とホタルの光が相まって、美しく幻想的な空間を楽しむことができますよ^^

「菊川ほたる鑑賞会」は、今年2017年は実施されていません。

【詳細】

☑住所:下関市菊川町上岡枝歌野
☑地図:地図はこちら
☑アクセス:JR小月駅から車で約20分
小月ICから車で15分
☑見頃時期:6月上旬
☑時間帯:20時~22時

まとめ

自然豊かな山口県には、ホタルの名所がたくさんあります^^

蛍を撮影する際には、フラッシュを切るのが綺麗に撮るコツですよ♪

夜はオートフォーカスが機能しないので、明るい時間にピント合わせを済ませておくか、近くの外灯などで合わせると良いでしょう。

ぜひ、この時期にしか見られない初夏の風物詩であるホタルを満喫してくださいね☆

*関連記事*
青森で蛍が見られる名所スポット4選!見頃時期もご紹介☆
北海道の蛍の名所6選!生息スポットと見頃時期をご紹介☆

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

*検索したい文字列を入力してください

アーカイブ