*キニナル知恵袋*

1歳の赤ちゃんが靴を嫌がる泣くときの対策!我が家はこれで解決!

time 2018/11/09

1歳の赤ちゃんが靴を嫌がる泣くときの対策!我が家はこれで解決!

1歳になってやっと歩けるようになったのに、外出時に靴を履いてくれない赤ちゃんは多いようです。

我が子の場合も、靴を履かせると泣いて嫌がり、自分で脱ぐ始末でした(;_;)

なんで履いてくれないの~?と悩んでいたときに、母から聞いたとある方法を試したところ、靴をすんなり履いてくれるようになり、次の日からは自ら靴を履かせてくれと催促するほど好きになったのです!

今回は、そんな我が家の子供が靴を履いてくれるようになった対策法についてご紹介したいと思います!

1歳から1歳半くらいの赤ちゃんで、初めて外歩きをする子には参考になるかと思いますので、ぜひご覧ください☆

スポンサーリンク

1歳の赤ちゃんが靴を嫌がる原因って?

1歳から1歳半頃に、外歩きデビューする赤ちゃんは多いですよね。

せっかく歩けるようになったのに、いざ靴を履かせると嫌がって履いてくれない!

なぜ、1歳頃の赤ちゃんは靴を履いてくれないのでしょうか?

靴が初めてだから

いままで裸足で歩いていた赤ちゃんにとって、靴を履くことは初めての体験です。

なので、違和感があるのも無理ありません。

いきなり靴を履かされても、靴を履いて歩くことに慣れていない赤ちゃんは、靴を嫌がってしまうのです。

サイズが合っていないから

赤ちゃんの足のサイズをきちんと計測せずに靴を買ってしまった場合には、サイズが小さい場合もあります。

初めての靴は、ジャストサイズを選ぶのは良くないと言われています。

そんな、サイズの合っていない靴を履かされると歩きづらくて、赤ちゃんは嫌がってしまいます。

靴が硬くて重いから

ベビー用の靴には、布でできた柔らかいファーストシューズのようなものから、本格的な硬くて重い靴まであります。

初めての靴で硬くて重い靴を履かせると、指に力が入れにくく、歩きづらくて赤ちゃんは嫌がります。

ママ(パパ)が怒るから

靴を履いてくれなくて「履かなきゃダメでしょ!」などと無理やり履かせてしまうと、赤ちゃんは靴を嫌いになってしまいます。

靴=楽しくない、嫌い、怖いというイメージが定着し、いつまでたっても靴を履くのを嫌がる原因となります。

1歳の赤ちゃんが靴を好きになった我が家の解決法!

ここからは、実際に我が子が靴を大好きになった具体的な方法についてご紹介していきたいと思います。

実際に私が赤ちゃんのときも、この方法ですぐに靴が好きになったという、親子代々で効果が証明されている解決法です!

ぜひお試しを(*^^*)v

靴=外に行ける=楽しいと思わせる

靴を好きにさせるには、靴=外に行ける=楽しいと思わせることが何よりも大切です!

手順としては、まずは靴を玄関で履かせます。

このとき、「さぁ、これからお外に出かけるよ!やったね!楽しみだね~!」と、笑顔でこれから楽しい事が起こると教えてあげます。

靴は、室内で履かせてはいけません。

「靴=外に行ける」と植え付けるためです。

靴をすんなり履いてくれなくても、怒らないようにしましょう。

「ママが先に、くっく履くね。〇〇ちゃんも一緒に、くっく履こうか。」というように、ゆっくり促してみましょう。

靴が履けたら、拍手をしながら大げさに褒めてあげます。

子供は褒められるのが大好きなので、靴を履くと褒めてくれるんだと思わせると効果的です。

そして外に出ると、玄関先の階段を下りたり、お花や虫を見たり、砂を触ってみたり、歩きながら歌を歌ったり、楽しい体験をさせてあげます。

場所は、なるべく平坦で歩きやすいところを選んであげて下さいね。

まだ外で歩きづらそうにしている場合は、ママがしっかりと手を繋いで安心させてあげてください。

この一連の流れで、「靴=外に行ける=楽しい」と思えるようになるはずです。

我が子の場合は、これをたった一回実践しただけで靴が大好きになりました^^

室内にいても、足をあげて「靴を履かせてほしい」とせがんでくるほどです。

この方法は我が家では成功しましたが、全ての子に必ず効き目があるとは限らないので、まずは試してみて下さいね!

スポンサーリンク

1歳の赤ちゃんが靴を嫌がるときのその他の対策は?

先ほどは、我が家の実例をお話しましたが、他にも靴を好きにさせるポイントがいくつかあります!

こちらもぜひ参考にしてみてくださいね^^

赤ちゃんに合ったサイズを選ぶ

赤ちゃんが初めて履く靴は、0.5~1cm大きめのサイズを選んであげましょう。

1歳~1歳半頃の赤ちゃんは、3ヶ月で0.5cmも大きくなる急成長の時期です。

ジャストサイズを選ぶとすぐに小さくなってしまうので、事前に買った靴の場合は既にキツくなっている可能性があります。

家で足のサイズが測りづらい場合は、ベビーシューズの専門店などで測ってももらうと良いでしょう。

柔らかくて軽い靴を選ぶ

初めて履く靴は、靴底が薄くてしなるような、なるべく赤ちゃんに負担や違和感のないものを選びましょう。

ファーストシューズだと、コットンで出来ていて軽いので、初めての靴にはぴったりです。

以下に、初めての靴選びのポイントをまとめてみました!

  • 靴底がしなる
  • 軽い
  • 足首まで支えてくれる
  • マジックテープタイプ

マジックテープのタイプは、赤ちゃんの足の甲の高さに合わせて調整・固定できるので、歩きやすくなります。

我が子の場合は、こちらの靴を購入しました^^

アシックスのファーストシューズは、足首まで支えてくれて2ヶ所のマジックテープで調整できるので、大きめサイズを買っても安定感ばっちりです!

国産メーカーなので、外国に比べて甲が高い日本人の足にはピッタリくると思います。

ミキハウスのファーストシューズも、定番の人気商品ですよね。

細やかな縫製や赤ちゃんが履きやすい設計は、さすがはミキハウスです!

音が出る靴を選ぶ

赤ちゃんは、音が出るものが大好き!

なので、ぴよぴよと音がする笛付きの靴を選んであげると、たくさん歩くようになることもあります。

遊び感覚で靴に慣れさせるのも一つの手ですよね^^

暖かい時期なら、裸足感覚で歩けるサンダルを選んでも良いですね。

好きなキャラクターの靴を選ぶ

赤ちゃんが好きなキャラものの靴を選んであげると、靴を好きになるきっかけになります。

みんな大好きなアンパンマンのほか、ディズニーやキティちゃん、スヌーピーなど、色んなキャラクターの靴が売られています。

「アンパンマンと一緒にお出かけしようね~」などと声をかけてあげると、喜んで靴を履いてくれるようになるかもしれません。

まとめ

今回は、1歳~1歳半頃の赤ちゃんが靴を嫌がったり泣いたりするときの対処法についてご紹介いたしました!

まずは、ひとつひとつの方法を試してみて、それぞれのお子さんにあった対処法を見つけてみて下さい。

ママがしっかり、ゆっくりと向き合ってあげれば、きっと靴を好きになってくれます(*^^*)

この記事が少しでも参考になりましたら幸いです。

*おすすめ関連記事*
ねんねトレーニングを夜中の授乳と添い寝なしで成功した体験談
ドリームスイッチで寝かしつけしてみた感想と口コミ評価!最安値は?
赤ちゃんに安全なヒーターの選び方とやけどしないおすすめ商品5選!
加湿器のおすすめ5選 赤ちゃんにも安全で人気の商品は?
赤ちゃん用クレヨンで1歳で初めて使うならコレ 食べても安全なおすすめ5選!

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

管理人について

mame

mame

アラサー、一児の母。 会社を辞めて、女の子の育児に奮闘中。

人気ブログランキング参加中☆







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。