*キニナル知恵袋*

気になる疑問を解決します!

恵方巻きの方角2018年は?決め方と正しい食べ方について☆

time 2017/01/16

恵方巻きの方角2018年は?決め方と正しい食べ方について☆

2月3日は節分の日ですね^^

節分といえば、関西地方では恵方巻きを食べる風習があります。

手作りはもちろんのこと、最近ではコンビニやデパートなどでも気軽に購入することができ、具材のバリエーションも豊かになりました。

恵方巻きは毎年決まった方角を向いて食べることは有名ですが、食べ方にも正式な決まりがあることをご存知ですか?

そもそも、その年の恵方の方角はどうやって決めているのでしょうか?

今回は、2018年(平成30年)の恵方巻きの方角や、方角の決め方正しい食べ方について分かりやすくご紹介します☆

スポンサーリンク

恵方巻きの方角 2018年は?

節分の日に食べる恵方巻きは、毎年決まった方角を見ながら食べると縁起がよいとされています。

2018年(平成30年)の恵方巻きの方角は『南南東』です。

正式には「南南東微南」なので、細かく言えば南南東よりやや右を向くことになります。

そもそも我が家の北がどっちか分からない・・・という方には、方角を調べる簡単な方法があります♪

参考にしてみて下さいね^^

<アナログ時計を使う>

1.アナログ時計の短い針を太陽の方向に向ける。

2.そのままの状態で、12時の方向と短い針の方向のちょうど真ん中の方角が「南」。つまり、その真逆が「北」です。

この方法は、太陽が沈む前の日中のみ対応しています。

デジタルではなく、アナログ時計を使いましょう!

<スマホアプリを使う>

1.スマホのコンパスアプリや地図アプリをダウンロードする。

2.アプリを起動!

アプリなら、簡単に方角をチェックすることが出来ます。

無料でダウンロードできるものがたくさんあるので、チェックしてみて下さい。

スマホをお持ちでなければ、パソコンにも方角をチェックできるアプリやサイトがありますよ☆

恵方巻きの方角の決め方について

そもそも、なぜ恵方巻きを食べるときの方角が毎年変わるのかをご存知ですか?

実は「恵方」というのは、歳徳神(としとくじん)様という神様が居られる方向なのです。

歳徳神様は、その年の幸運や金運を司る神様で、毎年居られる場所を変えるんだそうです。

だから毎年、方角が変わるのですね!

ちなみに、恵方巻きの方角は毎年違うのでややこしく感じますが、 実は4つのパターンしかありません。

•東北東微東(ほぼ東だけどやや北寄り)

•西南西微西(ほぼ西だけどやや南寄り)

•南南東微南(ほぼ南だけどやや東寄り)

•北北西微北(ほぼ北だけどやや西寄り)

これら4方角のうち、その年の恵方を定めるのは、干支の十干(じっかん)です。

いわゆる『子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥』の十二支とは異なります。

十干とは『甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸』の十種類からなります。

その年の十干は、西暦の下一桁で決まります。

•甲・・・4
•乙・・・5
•丙・・・6
•丁・・・7
•戊・・・8
•己・・・9
•庚・・・0
•辛・・・1
•壬・・・2
•癸・・・3

そして、それぞれ以下の方角に当てはまります。

•甲、己・・・東北東微東
•乙、庚・・・西南西微西
•丙、辛、戊、癸・・・南南東微南
•丁、壬・・・北北西微北

今年は2018年なので、西暦の下一桁は「8」です。ということは、今年の十干は『戊』に当てはまります。

ですので方角は『南南東微南』ということになります^^

応用して、来年2019年は下一桁が「9」→『己』なので、方角は『東北東微東』です!

一見難しそうですが、このルールを知ってしまえば簡単に分かりますね☆

スポンサーリンク

恵方巻きの正しい食べ方を知ろう

2018年の恵方巻きは、『南南東微南』を向いて食べれば良いということが分かりました。

それでは最後に、節分の恵方巻きの正しい食べ方についてご紹介します!

<節分の恵方巻きの正しい食べ方>

•切らずに丸ごと一本食べる

•黙って願い事を思い浮かべながら食べる

•恵方の方角を向いて食べる

以上の3点を押さえておけば、今年の運勢はばっちりです^^

切らずに丸ごと一本食べる

節分の恵方巻きは、切らずに丸ごと1本をそのまま食べましょう。

これには「縁を切らない」という大切な意味合いがあります。

食べやすいように切って食べたいところですが、丸ごと一本食べることが重要なのです!

黙って願い事を思い浮かべながら食べる

恵方巻きを全部食べ終えるまでに言葉を発すると、運が逃げてしまいます。

黙って願い事を思い浮かべながら食べ切ることで、願いが叶うと言われています。

恵方の方角を向いて食べる

これは前項でも既に説明しましたが、恵方というのはその年の幸運や金運を司る神様『歳徳神』様の居られる方角です。

その年の恵方を向いて食べることで、願いが叶い、幸せになれると言われています。

まとめ

いかがでしたか?

2018年の節分は2月3日(土)です。

恵方の方角と正しい食べ方をしっかり押さえて、幸運な一年を迎えてくださいね^^

*関連記事
節分の豆はいくつ食べる?年の数は数え年か満年齢か?福茶という手も!

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

down

コメントする