*キニナル知恵袋*

気になる疑問を解決します!

夏に聴きたい定番の夏うた邦楽ランキングベスト20♪

time 2017/04/11

夏に聴きたい定番の夏うた邦楽ランキングベスト20♪

日に日に日差しが強くなり、もうすぐ夏がやってきますね!

夏といえば、BBQ、海、ドライブ、花火、お祭り…と、テンション上がるイベントが盛り沢山♪

そんな夏に聴きたい「夏うた」「夏ソング」の定番曲を、邦楽に絞ってランキングにしてみました!

ノリノリでテンション上がる夏うたから、切ない夏うたまで様々です。

ぜひ夏のBGM選びの参考にしてみてくださいね^^

スポンサーリンク

夏に聴きたい定番の夏うた邦楽ランキングベスト1~10☆

まずは1位から10位まで発表いたします^^

<第1位> 夏祭り – Whiteberry

夏と言えばこの曲!

カラオケでも外せないド定番の夏うたですよね♪

夏祭りは、2000年8月にリリースされたホワイトベリーの代表曲。

PVで見られる、短い浴衣にレギンスと合わせて着るという独特のファッションが印象的です。

あまり知られていませんが、実はこの曲は1990年にリリースされた「JITTERIN’JINN」さんのカバー曲です。

<第2位> secret base~君がくれたもの~ – ZONE

2001年8月にリリースされた、言わずと知れた夏の名曲!

転校がきっかけで離ればなれになる2人の様子が切なく描かれています。

井上真央さん主演の昼ドラマ「キッズ・ウォー3」(およびファイナル)で一気に話題となりました。

アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のエンディングでもSilent Sirenにカバーされています。

ZONEの夏歌には、他に「H・A・N・A・B・I~君がいた夏~」などがあります☆

<第3位> 夏色 – ゆず

1998年6月リリース。

ゆずの中でも夏といえばこの曲ですよね^^

ほのぼのとした世界観の歌詞に、爽やかでポップなメロディーが印象的です☆

雑誌のアンケートなどでも、夏になったらこの曲が聴きたくなる!という意見が多いようです。

<第4位> 波乗りジョニー – 桑田佳祐

2001年7月リリース。

夏といえばサザン!

中でも「波乗りジョニー」は夏がきた!と感じずにはいられない、桑田佳祐の名曲☆

夏のドライブや海に最適の一曲ですね^^

桑田圭祐の夏歌には、ほかに「真夏の果実」や「涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~」などもあります。

<第5位> 睡蓮花 – 湘南乃風

2007年6月リリース。

大ヒットした前作「純恋歌」から約1年3ヵ月後に発売されました。

こちらはしっとり系の純恋歌からは一変し、とにかくノリノリでアップテンポな定番夏ソング!

テンション上げたい夏のドライブや海デートなんかにはピッタリですね^^

<第6位> aiko – 花火

1999年8月リリース。

歌詞に登場する「夏の星座にぶらさがって上から花火を見下ろして」とは、当時多忙だったaikoが毎年友人と観にいっていた地元の花火大会に行けなくなった際に「夏の星座にぶらさがって、上から花火を見下ろせればいいのに」という気持ちを綴ったのだそうです。

タイトルから連想させるとおり、夏の花火大会にはぴったりハマる曲ですね☆

aikoの夏歌にはほかに「カブトムシ」もあり、こちらも名曲です^^

<第7位> 渚 – スピッツ

1996年9月リリース。

爽やかさと切なさが入り混じる、スピッツの夏の定番曲です☆

「波」や「渚」といった単語がたくさん出てくるので海を連想させますね。

スピッツの夏歌には他にも「涙がキラリ☆」や「青い車」などがありそちらもオススメです^^

<第8位> 虹 – 福山雅治

2003年8月リリース。

「虹/ひまわり/それがすべてさ」のトリプルA面として発表されました。

「虹」はドラマ『WATER BOYS』の主題歌として起用されたことで人気に火がつきました。

この曲のテーマは「超える」こと!

「ウォーターボーイズ」の主題歌になっていることもあって、青春を連想させる楽曲になっていますが、

“自らの限界を超え成長していく”といった思いが込められた、背中を押してくれるエールソングでもあります☆

<第9位> プラネタリウム – 大塚愛

2005年9月リリース。

井上真央さん主演のドラマ『花より男子』の主題歌でした。

PVに出てくる花火、浴衣、風車は夏を連想させ、とても切ない雰囲気になっています。

大塚愛の夏歌には、ほかに「Happy Days」「PEACH」「金魚花火」などがあります。

<第10位> 天体観測 – BUMP OF CHICKEN

2001年3月リリース。

伊藤英明さんやオダギリジョーさんなどが主演のドラマ『天体観測』挿入歌でした。

ドラマが夏に放送されていたということもあり、夏の天体観測を連想させますね。

バンプの夏歌には、ほかに「ダンデライオン」「車輪の唄」などがあります。

スポンサーリンク

夏に聴きたい定番の夏うた邦楽ランキングベスト11~20☆

続いては11位から20位までを発表いたします!

<第11位> 夏の思い出 – ケツメイシ

2003年7月リリース。

ノリノリなメロディーに切ない歌詞が、夏のドライブや海にもぴったりの名曲です♪

PVは 神奈川県の「大磯ロングビーチ」で撮影されたそうですよ^^

ケツメイシの夏歌には、ほかに「また君に会える」があり、蛯原友里さんが出演していたANESSAのCMソングが印象的でした!

<第12位> Sunny Day Sunday – センチメンタル・バス

1999年8月リリース。

「ポカリスエット」のCMソングに起用されていました。

“39度のとろけそうな日 炎天下の夢 Play Ball! Play Game!”で始まる歌詞は、野球の試合と恋の行方をかけて歌っています。

元気でハッピーなチューンが夏に最適で、まさに休日に聴きたい夏ソングですね♪

<第13位> Over Drive – Judy And Mary

1995年6月リリース。

夏を感じる解放感と疾走感が感じられるジュディマリの名曲!

Judy And Maryの夏歌には、ほかに「くじら12号」や「ラッキープール」などがあります☆

<第14位> ミュージックアワー – ポルノグラフィティ

2000年7月リリース。

「ポカリスエット」CMソングに起用されていました。

ノリの良い曲調と、歌詞が夏にぴったりのポルノの名曲ですね^^

夏に聴くとテンション上がること間違いなしです♪

ポルノの夏歌には、ほかに「アゲハ蝶」や「ハネウマライダー」などがあります。

<第15位> miwa – 君に出会えたから

2014年7月リリース。

爽やかでキラキラした世界観が素敵な、miwaを代表する曲です。

資生堂「シーブリーズ」のCMソングで、部活動にはげむ学生への応援歌がテーマとなっているんだそう☆

miwaの夏歌には、ほかに「ミラクル」「ハツナツ」などがあります。

<第16位> Summer Song – YUI

2008年7月リリース。

「学校」「夏休み」「青春」を連想させる歌詞が夏にぴったりの爽やかな一曲。

海に行きたくなりますね^^

歌詞中の“真っ赤なブルーだ”が印象的です。

<第17位> 真夏のオリオン – INFINITY16 welcomez MINMI,10-FEET

2007年8月リリース。

恋の始まりを描いた歌詞が切ない夏の名曲!

PVの世界観も物語が作りこまれていて見応えアリです^^

夏の女王ともいわれるMINMI。

MINMIの夏歌には、ほかに「サマータイム!!」「シャナナ☆」などがあります。

<第18位> BLUE BIRD – 浜崎あゆみ

2006年6月リリース。

曲調が明るくてノリが良いので、女子同士がカラオケで盛り上がるときにも最適な曲ですね☆

PVも海が舞台で爽やかな印象です^^

浜崎あゆみの夏歌には、ほかに「greatful days」「July 1st」などがあります。

<第19位> HANABI – Mr.Children

2008年9月リリース。

タイトルから夏を連想させる名曲。

ミスチルの夏歌には、ほかに「inocent world」や「シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~」などがあります。

<第20位> 夏空グラフィティ – いきものがかり

2007年8月リリース。

「夏空グラフィティ/青春ライン」で、両A面シングルとして発売されました。

「アクエリアス ビタミンガード」のCMソングとして起用。

一途な恋心を歌った歌詞がキラキラとした爽やかなメロディーにピッタリです☆

いきものがかりの夏歌には、ほかに「HANABI」「ブルーバード」などがあります。

まとめ

邦楽の夏歌には他にもまだまだたくさんの名曲がありましたが、今回はこの20曲を紹介させていただきました!

ぜひ夏のドライブのお供に、曲選びの参考にしてみてくださいね^^

*関連記事*
卒業ソングの定番&泣ける曲ランキングベスト20!

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

down

コメントする