*キニナル知恵袋*

気になる疑問を解決します!

ぶら下がり健康器によって得られる効果が凄い!肩凝り腰痛猫背さん必見!

time 2016/11/08

ぶら下がり健康器によって得られる効果が凄い!肩凝り腰痛猫背さん必見!

ぶら下がり健康器をご存知ですか?

そういえば昔流行ってたらしい…

古臭い感じがする…

と、侮ることなかれ!

ぶら下がり健康器にぶら下がることによって得られる効果は、肩凝りや腰痛の改善だけではありません。

ぶら下がるだけで体の歪みを解消してくれる!?

ぶら下がり健康器の凄すぎる効果についてご紹介します☆

*ぶら下がり健康器を実際に使ってみたレビューと使い方のコツはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

ぶら下がり健康器によって得られる効果

ぶら下がり健康器を使うと、具体的にどのような効果が得られるのでしょうか?

ぶら下がり健康器によって得られる効果のキーポイントは、日頃伸ばしにくい部分を伸ばせるという点にあります。

それでは、実際にぶら下がり健康器の効果についてご紹介します!

背骨が伸びることによって得られる効果

背骨は、それぞれ椎間板とよばれるクッションと椎間関節によって連なっています。

椎間板の働きにより、

屈曲(前屈)・伸展(後ろ反らし)・側屈(横曲げ)・回旋(ねじり)
という4つの動きを可能にしています。

そして、もうひとつの大切な動きとして「伸縮」があります。

この動きは、普段の生活の上で無いものなのです。

ですので、いつもは体重により「縮み」方向にばかり圧がかかっている状態にあります。

ところが、ぶら下がり健康器にぶら下がることによって「伸び」の動きが生じます。

これにより、背骨の柔軟性が回復され、椎間板の変形も起こりにくくなります。

椎間板の変性が起こりにくくなれば、腰痛の改善・予防につながります。

腰痛の一番の原因は、負担のかかる姿勢が積み重なって背骨の歪みが起こることにあります。

デスクワークや立ち仕事などで背骨に負担をかけ続けていると、背骨の位置が少しずつズレてきてしまいます。

そのズレが積み重なると、腰痛を引き起こします。

慢性の頭痛やめまいなども、背骨の歪みがきっかけになっていることがあります。

それが、ぶら下がり健康器にぶらさがることで椎間板のつぶれが抑えられ、背骨の血流が促進されて治る力が活性化します。

また、背骨からはたくさんの内臓にむけて神経が出ているため、内臓機能の活性化も同時に実現します。

内臓機能の活性化は、アンチエイジングにも繋がります。

そして、背骨の歪みが治ると、姿勢がよくなり身長が高く見える効果もあります!

これまで猫背だった人が、ぶら下がり健康器を使って運動することによって姿勢がよくなると、身長が高く見えますよね。

ぶら下がり健康器を使って運動した直後は姿勢が良くなって一時的に身長が伸びますが、また元の猫背に戻ってしまうと身長も元通りです。

元から姿勢の良い方の身長が伸びる効果はあまり期待できませんが、猫背の方は是非継続してみてはいかがでしょうか。

この他、ぶら下がり健康器を使って運動することによって骨と骨の間にある軟部組織が膨張し、軟部組織の縮むひまがなくるため身長が伸びるとの見解もあります。

☆この章のまとめ☆

背骨が伸びることによって得られる効果は

  • 体の歪みの改善
  • 腰痛の予防・改善
  • 内臓機能の活性化
  • 血流改善
  • 頭痛やめまいの改善
  • 身長が伸びる(人による)
  • 以上の6つの効果が期待できることがわかりました!

    スポンサーリンク

    筋肉が伸びることによって得られる効果

    ぶら下がり健康器にぶら下がることで、多くの筋肉が一度に伸びます。

    その中でも、姿勢矯正に重要な「広背筋」は特に大きく伸ばされます。

    広背筋は、主に腕を下ろしたり、腕を内側にねじったりといった働きをしています。

    猫背の人はたいてい、腕や肩が内側に入っている状態で生活しています。

    その原因の一つが「広背筋の短縮」です。

    ぶら下がることにより、広背筋をはじめ、特に脇の下がよく伸びます。

    脇を伸ばすことは、猫背矯正の重要なポイントなのです!

    猫背矯正できると、自然に全身の姿勢矯正にもつながります。

    また、肩甲骨まわりの筋肉もよく伸びるため、肩こりの改善も期待できます。

    デスクワークや立ち仕事などで背骨に負担をかけ続けていると、背骨の位置が少しずつズレてきてしまいます。

    そのズレが積み重なると、肩凝りや首の痛みを引き起こします。

    筋肉や背骨を伸ばすことにより歪みが改善された結果、慢性的な肩こりにも効果が現れるというわけです。

    ひどい肩凝りの方は、ぜひ毎日継続してみましょう。

    この他、筋肉が鍛えられる効果も期待出来ます。

    ぶら下がるだけで筋トレが出来てしまうなんて手軽だと思われそうですが、これが意外とキツイのです。

    自分の体重を支えるために、握力、筋力ともに必要です。

    二の腕はもちろんのこと、足を前に出したりひねったりするようにしてぶら下がると、お腹に力が加わり腹筋にも非常に効果があり、おなか周りの引き締めにも使えます。

    ☆この章のまとめ☆

    筋肉が伸びることによって得られる効果は

  • 猫背矯正
  • 姿勢矯正
  • 肩こりの改善
  • 首の痛みの改善
  • 筋肉の強化
  • お腹の引き締め
  • 以上の6つの効果が期待できることがわかりました!

    まだぶら下がり健康器をお持ちでない方は、早速探してみてくださいね。

    ちなみに私が使っているのはコレ↓です

    まとめ

    ぶら下がり健康器を使って運動する「ぶらさがり健康法」は、ただぶら下がるだけの健康法ですが、
    毎日少しずつ実践することで日々の歪みを戻してくれます。

    ですので、慢性的な症状にも毎日の継続により効果が現れてきます。

    ぜひ、健康づくりの一環として取り入れてみてくださいね♪

    *関連記事*
    ぶら下がり健康器を実際に使ってみたレビューと使い方のコツ

    スポンサーリンク
    こんな記事も読まれています

    *検索したい文字列を入力してください

    アーカイブ