*キニナル知恵袋*

気になる疑問を解決します!

セブ島旅行を子連れで格安に楽しむ方法!安い費用で抑えるポイントは?

time 2018/07/28

セブ島旅行を子連れで格安に楽しむ方法!安い費用で抑えるポイントは?

フィリピンの中でも、各国からの観光客でにぎわう屈指のリゾート地であるセブ島!

日本人もたくさん訪れている憧れのセブ島に、ついに私たちも家族で行ってきました(^^)♪

しかしながら、我が家は6人家族…(大人2人子ども4人)で、7ヶ月の赤ちゃんもいます。

4人の子連れで、セブ島旅行を楽しめるのか?

また、人数が多いとお金もかかるので、旅費は安く抑えたい!!という、ケチケチ子連れ旅_(^^;)ゞ

今回は、そんな私たちのセブ島旅行の経験を元に、子連れで格安にセブ島旅行を楽しむためのポイントをご紹介!

これから子連れでセブ島旅行を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

セブ島旅行に子連れで行くときの計画の進め方

この章ではまず、セブ島旅行計画をどのように進めて行くかを「子連れの海外旅行」という点にスポットを当ててお伝えしていきます!

航空会社選び

まず、我が家の家族構成ですが、大人二人、子どもは上から11歳、8歳、5歳、0歳(7ヶ月)の計6人です。

赤ちゃんを連れての海外旅行は何度か経験があります。

国内の飛行機でしたら、実家が遠いので何度も経験があり、子どもたちも慣れています。

しかし、まだ0歳児もいるので、長いフライトは避けたいもの。

また、子どもを含んでいるとはいえ、6人分となると航空券も高くなります。

まして、上の子は来年から大人料金に…。

少し不便でも、なるべく安くで済ませたい!というのが、私と夫の想いでした。

まず、行き先を考える段階で「乗り継ぎが無く、フライト時間の短いリゾート地」に条件を絞り、最終的にセブ島に決定しました。

ちなみに、日本からセブ島への所要時間は4~5時間ほど。

時差もたったの1時間なので、子供の体への負担も最小限で済みます。

以前、インドネシアに上の子が小さい時に行ったときは、時差は2時間ほどなのですが、乗り継ぎがあって大変だった経験がありました。

海外の乗り継ぎは、初めのフライトが遅れて乗り継ぎに間に合わなかったり、出発が遅かったりと、トラブルもあります。

小さい子がいるときは、本当に大変!

乗り継ぎありだと安い航空券もありますが、そこだけは以前の経験も踏まえて直行便を選びました。

という事で、今回は比較的安い直行便という事で、最寄りのセントレア空港から、フィリピン航空を利用しての旅になりました。

日本からセブ島への旅行では「フィリピン航空」が主流ですが、他に「バニラエア」や「セブパシフィック航空」などのLCCからも直行便が出ています。

そちらを利用すれば、フィリピン航空よりもさらに1~2万程お安く抑えることが出来ます。

ただし、その分サービス面などで劣る部分もありますので、その辺はご家族で検討してみてください。

宿泊先選び

次は、宿泊先選びです。

何でも完備されたラグジュアリーなホテルは便利で安心だと思いますが、お値段ももちろん高額になってきます。

今回は、4泊5日の旅だったのと、一番下の子がまだ離乳食期だったのもあり、キッチン付きのコンドミニアムタイプのホテルを選びました。

食事や清掃サービスなどがないため、普通のホテルより安くなります。

もうひとつ、宿泊先選びで大切にしたのは、子どもが大好きなプールが付いているところです。

子どもは、プールさえあれば満足!といっても良いほど。(^^)

子ども連れの海外旅行には、ホテルのプールは欠かせません!

時期選び

この他、セブ島旅行が安くなる時期を狙って行くのもポイントです。

セブ島への旅行費用が安く済む時期は、4~7月(GWを除く)と、10~11月頃

今回、私たちが旅行したのは7月中旬(子供が夏休みに入ってすぐ)でした。

8月に入ってからだとお盆休みなどもあり、旅行者も増える上に高くなってしまうので、7月は狙い目でした(*^^)v

セブ島は1年通して楽しむことができるので、ぜひ格安になる時期を狙って、計画を立ててみて下さいね♪

スポンサーリンク

セブ島旅行を子連れで格安に楽しむためのポイント

この章では、前の章でもお話した航空券選びや宿泊先選びも含め、できるだけ安いプランを選ぶためのポイントをチェックしていきましょう!

皆さんの中には「旅行を計画するときには、とりあえず旅行代理店を訪れる」という方も多いことでしょう。

大手の旅行代理店などに申し込みに行くと丁寧に教えてくれますし、情報もリサーチしてくれます。

要望に添うプランを立ててくれて、本当に楽で助かりますよね。

でも、安く済ませたいのであれば自分たちでプランをたてるのが鉄則です!

しかし、それにはやはり大変な面も。

航空券を安く取れる日程はいつか?

どこにどんなホテルがあるか?

どんなアクティビティがあるか?

…など、自分で調べて比較しながら選ばなければならないので、時間がかかります。

また、語学力も必要になります。

我が家は海外生活経験者なので、英語にはそれほど困りませんでしたが、現地の日本語ツアーは値段が高いです。

また、事前に到着時に空港まで迎えにきてもらえるようホテルの方に連絡したり、アメニティの確認なども直接しなければなりませんでした。

セブ島はセカンドランゲージが英語なので、英語が通じるのは助かりました…_(^^;)ゞ

セブ島旅行は子連れで安い費用でも楽しめる?

我が家のそんなケチケチ旅行でしたが、結果的にはとても楽しく過ごせました!

フィリピン航空には、赤ちゃんを寝かせるベッドやバシネットが付いておらず、ずっと抱っこ。

また、映画を上映する備え付けのモニターが無い便もありました。

しかし、フライト時間が短く、乗り換えが無かったおかげで、子どもたちも問題なく過ごせました。

宿泊先のコンドミニアムのオーナーや、タクシーなど、セブ島にはとにかく優しい人が多く、拍子抜けするくらいでした。

治安の良さも、子連れで海外旅行するときの重要なポイントですよね。

大きなトラブルはありませんでしたが、両替を忘れていて現金がなく困ったことになった時は、現地の方に助けられましたし、ツアーの交渉で現地の方とのやりとりに相違があった時もありましたが、結果的には良い方向になっていたので、そんなハプニングも良い思い出です。

そして、子どもたちはプールや海で思う存分楽しめましたよ(*^^*)

まとめ

さて、我が家のセブ島旅行は、参考になりましたか?

子連れで費用安く抑えるためには、やはり大変な面もありますが、事前にやることを頑張れば楽しく過ごすことが出来ます!

今は、空港が新しくなって、とても綺麗で利用し易くなっています。

皆さんのセブ島家族旅行が素敵なものになりますように♪

*関連記事*
海外旅行に子連れで行くならいつから?持ち物は?おすすめの場所も!
オーストラリア旅行なら是非メルボルンへ!おすすめスポットや時期についても

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

*検索したい文字列を入力してください