*キニナル知恵袋*

気になる疑問を解決します!

日傘はUVカット100%の完全遮光が良い理由!効果的な色と寿命についても

time 2017/04/11

日傘はUVカット100%の完全遮光が良い理由!効果的な色と寿命についても

毎年春から夏にかけては日差しが強く、紫外線対策が欠かせない時期となります。

そんなときにの必需品が日傘ですが、持ち運びには折りたたみの日傘や晴雨兼用が便利ですよね。

でもちょっと待ってください!
UVカット率や遮光率は、別に100%じゃなくても良いと思っていませんか??

徹底した紫外線対策のためには、UVカット率100%の完全遮光の日傘を使った方が良いとされています。

また、日傘の色の選び方によっても効果的に紫外線対策ができるもの、できないものとに分かれるのです。

加えて、日傘のUVカットには寿命が存在することをご存知でしょうか?

今回は、日傘はUVカット100%の完全遮光が良い理由と、効果的な色の選び方とUVカットの寿命についてご紹介いたします!

スポンサーリンク

日傘のUVカットの仕組みと寿命について

日傘は、どのようにして紫外線を防いでくれるのかをご存じでしょうか?

まずは、日傘のUVカットの仕組みの基本から見ていきましょう!

 
日傘には一般的に、紫外線を防ぐための2通りの加工が施されています。

●「紫外線吸収剤」・・・吸収することで紫外線を防ぐ加工

●「紫外線反射剤」・・・反射することで紫外線を防ぐ加工

この両方が施されている日傘もあれば、どちらか一つだけの日傘もあります。

ではどちちの方が良いのか?と言うと、もちろん両方が施されている日傘が良いでしょう。

日傘の加工については日傘の値札やタグなどに表記されている場合が多いので、まずはそちらをチェックしてみましょう☆

 
しかし、これらの加工では、使用しているうちに加工した部分が摩耗してUVカット率が下がってしまうため、定期的な買い替えが必要となります。

具体的な寿命は1~2年であると言われています。

つまり、去年99%UVカットだったはずの日傘は、今年は99%ではないのです!

2年以上前の日傘となると、紫外線カットの働きをほとんどしていない可能性も!

「それじゃぁ、ずっと安心して使える日傘は無いの??」と思いますよね。

実はこの2通りの方法以外に下記のような加工が施された日傘が存在します。

◎生地自体の構造で紫外線・赤外線・可視光線をカット

この日傘の場合は、生地自体でUVカットしているため、加工が摩耗して効果が落ちてしまうなどの心配がありません。

何年経過しても、雨に濡れても(破れない限り)効果が持続するので、半永久的に安心して使用できるのです^^

これに該当する日傘を取り扱う会社は下記のとおり。

「サンバリア100」
公式HP:サンバリア100

「芦屋ロサブラン」
公式HP:芦屋ロサブラン

「CLASSICO(クラシコ)」
公式HP(楽天):CLASSICO

日傘はUVカット100%の完全遮光が良い理由


ごく普通に市販されているポリエステルや麻や綿の日傘。

実はこのような日傘でも、90%程度の紫外線はカットしてくれるのです。

「じゃぁ別に、それで良いんじゃない?」なんて思ってしまっては、徹底した日焼け・シミ対策は出来ません。

90%カットしてくれるのなら、ほとんどカットしているのだから大丈夫だ、という考えは間違いです。

紫外線は例え1%でも有害であり、日光アレルギーや光線過敏症などをお持ちの方は影響を受けてしまうレベルです。

また、太陽光から降り注ぐのは紫外線だけではなく、可視光線(人の目に見える光)赤外線(可視光線より波長の長い光)の存在も忘れてはなりません。

赤外線は、紫外線の約5倍もの量で私たちに降り注ぎ、紫外線よりもさらに肌の奥深くまで届いてしまうのです。

ほんのわずかでもこれらの影響を受けることで、シミやシワ、たるみの原因のなり、老化を促進させてしまいます。

女性としては聞き捨てなりませんね!

また「UVカット率」と「遮光率」とでは、求める効果が違います。

それではこれから、「UVカット傘」「遮光率99%」「遮光率99.99%」「完全遮光」に分けて、その効果を見ていきましょう☆

UVカット傘

UVカット傘とは、紫外線をカットする傘こと。

傘に求める機能が、“日焼け・シミ防止”であれば、まずはUVカット率に注目しましょう。

これらの傘は「紫外線反射剤」や「紫外線吸収剤」で処理されています。

UVカット加工された日傘のほとんどは、紫外線カット率が99%以上です。

しかし、加工処理が磨耗してくるとUVカット率はどんどん低下していきます。

また、日差しが降り注ぐと暑く感じたり、傘から透ける太陽光の明るさを感じたりします。

ちなみに、よく売られている「晴雨兼用」の傘は日傘に防水加工が施されており、「雨晴兼用」の傘は雨傘にUVカット加工が施されています。

 
UVカット傘の盲点は、遮光の機能が無いため、可視光線や赤外線はカットしてくれないという点です。

特に赤外線は波長が長いため、紫外線よりもさらに奥深く、お肌や皮下脂肪のみならず、筋肉組織にまで影響を及ぼしてしまいます。

その結果、お肌が黄色くくすんだり、柔軟性を失ってシワやたるみの原因となってしまいます。

紫外線対策をしているのにお肌がくすんできた、ハリがなくなってきた…という人は、赤外線による影響を考えてみましょう。

つまり、いくら紫外線カット率が高い傘でも完全なシミ防止にはならないということ。

そこでさらに注目すべきなのが「遮光率」なのです!

遮光率99%

日傘に求める機能が、“日除け・涼しさ・シワたるみ防止”であれば、遮光率に注目しましょう。

特に、真夏にさすのであれば遮光率は重要です。

遮光率が高ければ高いほど、夏のジリジリした暑さから逃れることができます。

遮光率99%とは一見安心感を感じる数字ですが、1%の太陽光は傘の中に入ってきています。

遮光率99%の日傘では、傘に手を当てて太陽の方を向いてみると手が透けて見えてしまいます。

日光アレルギーの方には『可視光線』に反応してアレルギーを起こす方もいらっしゃいます。

また、「UVカット傘」で説明した『赤外線』の恐ろしい影響も完全にシャットアウトすることは出来ません。

遮光率99.99%

遮光率99.99%であれば「ほとんどの太陽光をカット出来ている」と言えるレベルです。

いわゆる「1級遮光傘」には、遮光率99.99%・紫外線遮光率99.9%以上と表示されています。

お値段的にもリーズナブルで手に入れやすいでしょう。

しかし、完全ではありません。

100%完全遮光の日傘に比べて加工処理が甘く、表側からLEDライトをあてると完全に光が透けてしまいます。(参考:サンバリア100 HP「サンバリア100は1級遮光日傘とこんなに違う」より)

日光アレルギーや光線過敏症などをお持ちの方、アンチエイジングしたい方にはオススメしません。

スポンサーリンク

完全遮光

遮光率100%の日傘。

紫外線・可視光線・赤外線を100%カットするなら完全遮光の日傘を選びましょう☆

日光アレルギーや光線過敏症をお持ちの方、熱さに弱い方、アンチエイジングをしたい方にはこちらの一択です!

*100%紫外線カット・完全遮光の日傘をご紹介*

●サンバリア100

出典:http://uv100.jp/

サンバリア100は、3層構造の生地で紫外線(A波・B波)を100%カットするため、効果が半永久的に持続します。
「絶対に日に焼けたくない!」という方の為に作られた、日本製の良質な日傘。

●芦屋ロサブラン

芦屋ロサブランは、芦屋発の「美しくありたい女性のため」のオリジナルブランド。
こちらも生地自体に遮光効果があるため、破れるまで効果が落ちません。
日傘以外にも、帽子やサングラスなど、完全遮光の商品が充実しています☆

●CLASSICO(クラシコ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

全品送料無料 クラシコ 完全遮光100% 晴雨兼用 日傘 uvカット 100% …
価格:6912円(税込、送料無料) (2017/7/22時点)

見た目に高級感があり、造りにもこだわっている割にお安く手に入る日傘のブランド。
こちらも生地自体に遮光効果があるため、半永久的に効果が持続します☆

●リーズナブルな商品もあります

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【1年保証】日傘 完全遮光 100% 遮光 UVカット 遮熱 晴雨兼用 軽量 U…
価格:2808円(税込、送料無料) (2017/7/24時点)

こちらの2点は完全遮光ですが、紫外線カット率は99.9%です。
とにかくお安く完全遮光の日傘を手に入れたい方に。

日傘で紫外線対策に効果的な色は?


最後に、紫外線対策に有効な“日傘の色選び”についてお話します。

結論から言うと、遮光傘の生地の色による紫外線の透過率に大差はありません。

しかし、加工が弱い日傘については色によってUVカット率が変わってきます。

「白やシルバーは光を反射する」

「黒は光を吸収する」

このようなことをよく耳にしませんか?

白やシルバーは光を反射し、黒は光を吸収して反射させないという特徴。

これを生かしたベストな日傘の色は「表が白かシルバー、裏が黒」であると言えます。

この組み合わせであれば、表面で太陽光を跳ね返し、裏地で地面に反射した太陽光を吸収することが出来るからです。

必ずしも「白やシルバー×黒」ではなくても『表は明るい色×裏は暗い色』で十分威力を発揮してくれますよ^^

 
もし、表も裏も同じ色の傘を選ぶのであれば、黒い日傘がオススメです。

表も裏も明るい色であれば、地面に反射した太陽光が跳ね返ってくる難点があるからです。

黒は紫外線だけではなく、赤外線や可視光線も吸収してくれます。
(ただし両面黒の場合、温感的には暑く感じやすい難点があります)

このほか、日傘選びで重要なのは生地の厚さです。

生地は厚ければ厚いほど、紫外線防止効果は高くなります。

まとめ

私たちは「紫外線」のカットばかり意識していますが、「可視光線」や「赤外線」の対策も徹底しなければならないということが分かりました。

徹底的にアンチエイジングやアレルギー対策をするなら、日傘は紫外線カット率100%・完全遮光の一択ですね☆

普段使いの日傘で色選びをするなら「表は明るい色×裏は暗い色」と覚えておきましょう^^

完璧な紫外線対策には「日焼け止め選び」も重要です!こちらも記事も合わせてどうぞ♪
紫外線吸収剤入り日焼け止めの害や影響!シミの原因にもなるって本当?
紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い!メリット・デメリットについて
日焼け止めで紫外線吸収剤不使用のおすすめ11選!石鹸で落ちるものは?

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

down

コメントする