*キニナル知恵袋*

東京の桜・お花見穴場スポット☆人が少ない空いている場所はココ!

time 2017/03/17

東京の桜・お花見穴場スポット☆人が少ない空いている場所はココ!

3月も中旬を過ぎ、いよいよ桜の季節がやってきます☆

ただでさえ人口の多い東京都内では、お花見に行ってもどこも賑やかで、場所取りをするのにも一苦労。

そんな面倒な人混みは避けて、ゆっくり、のんびり桜を見たいという方必見!

今回は、東京都内でも比較的人が少なくて空いている、ゆっくりと桜を観賞できる穴場スポットを10ヶ所ご紹介いたします^^

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

東京の桜・お花見穴場スポット10選☆

北の丸公園


北の丸公園は、人気お花見スポットである「千鳥ヶ淵緑道」の対岸に位置する公園です。

千鳥ヶ淵緑道には毎年100万人以上が訪れますが、お濠の対岸にある北の丸公園であれば人混みを避けることができますよ♪

公園には約330本の桜があり、広い芝生でゆっくりのんびりとお花見が楽しめます。

千鳥ヶ淵緑道では皇居のお濠に沿って約700mに渡って約260本の桜が咲き誇りますが、もちろん公園からも一望できます!

満開の桜が水面に反射する光景も美しく、まさに見逃せない穴場ですね^^

開花時期:3月下旬~4月上旬
住  所:東京都千代田区北の丸公園1-1
地  図:地図はこちら【Google Map】
営業時間:24時間
入 場 料:無料
アクセス:都営新宿線ほか「九段下駅」出口2・「半蔵門駅」出口5より徒歩5分
お問合せ:03-3556-0391

新宿御苑

新宿御苑(しんじゅくぎょえん)はもともと皇室の庭園として造られた場所で、フランス式整形庭園・イギリス風景式庭園・日本庭園の3つの様式で構成されています。

東京ドーム約12個分の広大な敷地に約65種類1100本・約65種類もの様々な桜が咲き誇り、長期に渡り楽しむことが出来ます。

そんな素晴らしい桜の名所ですが、実は桜の季節でも結構空いています。

入場料がかかることや、お酒が持ち込めないこと、遊具が禁止であること、16:30で閉まること(入場は16:00まで)などが理由でしょう。

宴会をしたい方には向きませんが、ゆっくり桜を鑑賞したい方や子連れの方にはピッタリの穴場ですよ☆

2月下旬は早咲きの河津桜、3月中旬にはヤマザクラ、4月上旬にはイチヨウやカンザンなどの八重咲き種が見頃を迎えます。

開花時期:3月中旬~4月下旬(河津桜は2月下旬~)
住  所:東京都新宿区内藤町11
地  図:地図はこちら【楽天たびノート】
営業時間:9:00~16:30(入園は~16:00)
入 場 料:一般200円、小・中学生50円、幼児無料
アクセス:東京メトロ 丸ノ内線「新宿御苑前駅」1番出口より徒歩5分
お問合せ:03-3350-0151

有栖川宮記念公園

有栖川宮(ありすがわのみや)記念公園は広尾駅から徒歩3分でアクセスが良く、都内にも関わらず静かにお花見を楽しめる穴場です。

とても緑が豊かな公園で、丘があったり渓谷や池があったりと、自然を大切にした趣のある日本庭園もあるので散歩にはピッタリ!

高台には東京都立中央図書館が併設されており、まさにゆっくり過ごしたい方にはもってこいの場所となっています。

春にはソメイヨシノやヤマザクラなど11種類もの桜を楽しむことが出来ますよ。

開花時期:3月下旬~4月中旬
住  所:東京都港区南麻布5-7-29
地  図:地図はこちら
営業時間:24時間
入 場 料:無料
アクセス:東京メトロ日比谷線 広尾駅から徒歩3分
お問合せ:03-3441-9642

浜離宮恩賜庭園

浜離宮恩賜(はまりきゅう おんし)庭園は、東京都中央区浜離宮庭園にある江戸時代の代表的な大名庭園です。

都内にある桜の名所にも関わらず、入園時間や入場料がかかるためか比較的人混みの少ない穴場となっています。

池にかかっている橋から見える桜は絶景でおすすめポイントですよ!

桜の本数は約100本と少なめですが、ソメイヨシノや八重桜の他、御衣黄(ぎょいこう)や鬱金桜(うこんざくら)などの珍しい桜も楽しむことができます。

六代将軍家宣が庭園を大改修したときに植えたという「三百年の松」も見逃せません。

開花時期:4月上旬~4月中旬
住  所:東京都中央区浜離宮庭園1-1
地  図:地図を見る【楽天たびノート】
営業時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)
入 場 料:一般300円、65歳以上150円、小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
アクセス:<大手門口>
都営地下鉄大江戸線「築地市場」(E18)「汐留」(E19)・ゆりかもめ「汐留」下車 徒歩7分
JR・東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線「新橋」(G08・A10)下車 徒歩12分
<中の御門口>
都営地下鉄大江戸線「汐留」下車10番出口 徒歩5分
JR「浜松町」下車 徒歩15分
水上バス(日の出桟橋─浅草)
東京水辺ライン(両国・お台場行)「浜離宮発着場」下船
お問合せ:03-3541-0200

哲学堂公園

哲学堂公園は、明治時代の哲学者・井上圓了が精神修養を目的に創設した場所です。

園内には哲学にちなんだスポットが77ヶ所ありますが、桜の名所としても知られています。

桜は約100本ほどで、道沿いからも観賞することができ、散歩がてら桜を楽しめます。

また、園内には売店もあり、ライトアップもあるので夜桜が楽しめるのも一押しポイントですよ☆

開花時期:3月下旬~4月上旬
住  所:東京都中野区松が丘1−34−28
地  図:地図を見る【楽天】
営業時間:8:00~18:00(入園は17:30まで)
入場料金:無料
アクセス:西武新宿線新井薬師前駅から徒歩12分
お問合せ:03-3954-4881

国営昭和記念公園


国営昭和記念公園は、昭和天皇御在位50年記念事業の一環として建設された国営公園です。

スポンサーリンク

総面積180万㎡もの広大な敷地に、31種、約1,500本の桜が咲き誇る光景は必見ですよ^^

しかしながら、都心から離れているため比較的人混みの少ない穴場となっています。

桜だけではなく、同時期に満開を迎えるチューリップ、菜の花、つつじなど、他の花も合わせて楽しめるのは昭和記念公園ならでは!

癒されること間違いなしで、のんびり過ごしたい方には一押しの穴場です☆

開花時期:3月下旬~4月上旬
住  所:東京都立川市緑町3173
地  図:地図はこちら【楽天たびノート】
営業時間:9:30~17:00(11~2月は~16:30、4~9月の土・日曜、祝日は~18:00)
入場料金:大人410円、こども80円、シルバー(65歳以上)210円
アクセス:電車の場合 あけぼの口…JR中央線・立川駅より約10分
多摩都市モノレール・立川北駅より約8分
昭島口…JR青梅線・東中神駅より約10分
立川口…JR中央線・立川駅より約15分
多摩都市モノレール・立川北駅より約13分
玉川上水口…西武拝島線・武蔵砂川駅より(残堀川緑道経由)約25分
西立川口…JR青梅線・西立川駅より約2分
砂川口…西武拝島線・武蔵砂川駅より約20分
お問合せ:042-528-1751

都市農業公園


都市農業公園は足立区立にあり、「自然と遊ぶ、自然に学ぶ、自然と共に生きる」がテーマの公園です。

春は五色桜やチューリップ、秋にはコスモスなどの四季折々の花を楽しむことができます。

また、日本に27本しか存在しないという、大変珍しい黄色の桜「鬱金桜(うこんざくら)」や黄緑色の桜「御衣黄(ぎょいこう)」を楽しむことができるのも魅力!

桜は270本ほど。

あまりメジャーな公園ではないので、人混みを避けて桜を楽しむことができますよ♪

園内には軽食が楽しめるレストハウスや遊具広場、ハーブ園等もあり、のんびりと休日を過ごせそうです。

駅からは徒歩30分と遠いので、バスを利用することをおすすめします。

開花時期:
住  所:東京都足立区鹿浜2-44
地  図:地図はこちら
営業時間:9:00~18:00
入場料金:無料
アクセス:日暮里・舎人ライナー「西新井大師西」駅下車、駅の西口から徒歩約30分
東武スカイツリーライン「西新井駅」西口(東武バス)または東口(コミュニティバスはるかぜ)より「鹿浜都市農業公園行」終点下車
お問合せ:03-3853-4114

砧公園


砧(きぬた)公園では、ソメイヨシノやヤマザクラなど約930本の桜を楽しむことができます。

桜が特に多いのはファミリーパーク内で、公園の奥まったほうにあるのでのんびりと過ごすことができますよ☆

桜の中には大木もあり、見応え抜群です^^

芝生の広場と自然に囲まれて、静かでゆっくりとした時間を過ごしたい方にはピッタリ!

開花時期:3月下旬~4月上旬
住  所:東京都世田谷区砧公園1-1
地  図:地図を見る【楽天たびノート】
営業時間:24時間
入場料金:無料
アクセス:東急田園都市線「用賀」から徒歩20分、または東急コーチバス(美術館行き)「美術館」下車
小田急線「千歳船橋」から東急バス(田園調布行き)「砧公園緑地入口」下車
小田急線「成城学園前」から東急バス(都立大学駅北口行き)「岡本一丁目」下車
お問合せ:03-3700-0414

日比谷公園

ビジネス街にある日比谷公園では、桜の本数は約40本程と少ないものの様々な種類の桜を楽しむことが出来ます。

噴水と桜が同時に楽しめて、園内には色とりどりの花が植えられているのでのんびりとした時間を過ごせるのが魅力ですよ!

カモメの噴水がある「カモメの広場」や、鶴の噴水がある「雲形池」はおすすめのお花見スポットです☆

また、飲酒禁止なのも、騒がしい場所が苦手な方には嬉しいポイント。

のんびりゆっくり過ごしたい方にはぴったりの、都会のオアシスです^^

開花時期:3月下旬~4月上旬
住  所:東京都千代田区日比谷公園1-6
地  図:地図はこちら
営業時間:24時間
入場料金:無料
アクセス:電車の場合 東京メトロ日比谷線ほか「日比谷駅」A10・A14出口直結
お問合せ:03-3501-6428

神代植物公園

神代(じんだい)植物公園は、東京都調布市にある東京都立の植物公園です。

敷地面積が広く、場所取りに困ることのない穴場スポットです☆

園内にはサトザクラなど55種600本の桜が咲き誇り、他にも様々な植物が楽しめるのでのんびりと過ごせます。

さくら園を始め、ばら園、つつじ園などとブロックに分かれているのも特徴的!

ソフトクリームやたこ焼きなどが買える売店もあるのも嬉しいポイントです。

開花時期:3月下旬~4月上旬
住  所:東京都調布市深大寺元町5-31-10
地  図:地図を見る【楽天たびノート】
営業時間:9:30~17:00(入園は16:00まで)
入場料金:一般・大人500円、65歳以上250円、中学生200円(都内在住・在学の中学生は無料)、小学生以下無料
休 業 日:月曜日(祝日の場合は翌日)
アクセス:調布駅から小田急バス吉祥寺駅または三鷹駅行き「神代植物公園前」下車、
または京王バス深大寺行き「神代植物公園」下車
つつじヶ丘駅から京王バス深大寺行き「神代植物公園」下車
お問合せ:042-483-2300

まとめ

有名な桜のスポットの中にも、意外な穴場スポットがあることが分かりました^^

人混みを避けてゆっくりのんびりお花見を満喫したい方にはピッタリの場所かと思います☆

ぜひ春を感じに、足を伸ばしてみて下さいね!

*関連記事*
東京のお花見スポットで宴会可能な公園は?おすすめ7選をご紹介!
東京の桜の名所ランキング!デートにおすすめの花見スポット5選☆
東京の桜の名所で子連れに最適な花見スポットランキングTOP5☆
河津桜まつり2018見頃と開花状況!アクセスや駐車場は?ライトアップも

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

管理人について

mame

mame

アラサー、一児の母。 会社を辞めて、女の子の育児に奮闘中。

人気ブログランキング参加中☆







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。