*キニナル知恵袋*

気になる疑問を解決します!

潮干狩りに行くときの服装は?大人と子供の場合に分けてご紹介☆

time 2017/03/24

潮干狩りに行くときの服装は?大人と子供の場合に分けてご紹介☆

春になり潮干狩りシーズンの到来です!

この時期になると、子供連れで潮干狩りを計画されているご家族も多いかと思います^^

潮干狩りといえば半袖・短パンのイメージですが、どんな服装で行くのが最適なのでしょうか?

特に、潮干狩りに行くのが初めてという方はどんな服装で行けば良いのか分からなかったりするかと思います。

そこで今回は、潮干狩りに行くときの服装大人と子供に分けてご紹介します!

潮干狩りに行く際の参考にしてみてくださいね☆

スポンサーリンク

潮干狩りに行くときの大人の服装について

まずは、潮干狩りに行くときの大人の服装からご紹介します。

日差しを遮るものが無い海辺での作業において、ポイントとなるのは「紫外線対策」です!

帽子

紫外線や日差しを避け、熱中症から身を守るためにも帽子は必需品です。

大き目のツバの麦わら帽子などがオススメですよ☆

作業中は手元が泥まみれになりますので、風で飛ばされないようにゴム付きか紐付きのものが良いでしょう。

長袖のTシャツ・羽織りもの

半袖Tシャツだけでも構いませんが、日焼け対策としては日焼け止めを途中で何度も塗り直す必要があります。

その点、長袖のTシャツや羽織ものを着ておくと簡単に紫外線対策ができてオススメです!

また、潮干狩りでは水に濡れたところに風が吹いてきますので、意外と寒くなることが多いです。

羽織ものがあれば防寒対策としてもお役立ちですよ☆

羽織ものは最初から着ておく必要はありませんが、念のため持参しておくと良いでしょう。

長袖のTシャツの場合は、着替え用があれば濡れても安心です。

ズボン

ボトムスは、動きやすく柔らかい素材の長い丈のズボンがベストです。

ジャージなら汚れても履き替えやすくて良いですね。

作業をする際は濡れないように裾を折り曲げておきましょう。

ただし、海水の中での作業が多い場合は短パンの方が向いています。

この場合には日焼けにご注意を。

また、股上の浅いズボンやスカートは避けて下さい。

ウエストポーチ・リュック

バッグは、ウエストポーチかリュックがオススメです。

潮干狩りでは基本的に両手が塞がっているため、このような状態でも身に着けて置けるバッグが向いています。

レジャーシートなどを用意していても、必ず貴重品は携帯しましょう。

長靴・マリンシューズ・汚れても良い靴

靴は、長靴かマリンシューズを用意しましょう。

長靴やマリンシューズはゴム製なので、水を弾いてくれます。

無ければ、汚れても良い靴に靴下を二枚履きにしておくと良いでしょう。

ビーチサンダルでは足元が悪くて脱げやすく、裸足も怪我をする危険性があるのでオススメしません。

潮干狩りに行くときの子供の服装について

スポンサーリンク

続いては、子供の服装をご紹介します!

基本的には大人と同じ服装でOKですが、お子さんがまだ小さい場合にはさらに一工夫してあげましょう☆

帽子

お子様の場合は、幼稚園などでよく使う、首の後ろにも布が付いている「タレ付き」の帽子がオススメです。

首は意外と紫外線を浴びやすく、子供は大人よりも皮膚がんになりやすいそうです。

頭部の温度上昇を抑え、熱中症を予防するためにも最適です☆

作業中は手元が泥まみれになりますので、風で飛ばされないようにゴム付きか紐付きのものが良いでしょう。

また、迷子対策に「派手な色」の帽子を被らせておくと尚良しです^^

長袖のTシャツ

半袖Tシャツでも構いませんが、紫外線対策としては長袖がオススメです!

子供はすぐにびしょ濡れになってしまいますので、半袖に日焼け止めではすぐに効果が無くなります。

濡れた時のために着替えのシャツを何枚か用意しておくと良いでしょう。

ズボン

ボトムスは、大人と同じく動きやすく柔らかい素材の長い丈のズボンが良いでしょう。

ただし、海水の中での作業が多い場合は短パンの方が向いています。

水着

子供の場合、水遊びや泥遊びに没頭したり、転んだりして服がびしょ濡れになる可能性大です。

そのため、Tシャツなどの下に水着を着させておけば濡れても安心です^^

レインコート

こちらも、服がびしょ濡れになることを考えて用意しておくと安心です。

レインコートなら濡れても気にならず、防寒にもなりオススメです☆

迷子対策に「派手な色」のレインコートを着させておくと尚良しです^^

マリンシューズ・汚れても良い靴

お子様には、ゴム製で水を弾いてくれるマリンシューズがオススメです。

無ければ、汚れても良い靴に靴下を2枚履きさせると良いでしょう。

長靴の場合、お子さんだと重くて脱げてしまったり、水がすぐに入ってくる可能性があります。

ビーチサンダルも同様に、足元が悪くすぐに脱げてしまうのでオススメしません。

裸足は怪我の恐れがあり、海の危険生物から身を守るためにも絶対にやめましょう!

まとめ

潮干狩りでの服装においては、「日焼け対策」がポイントとなってきます。

また、お子さんには「濡れ&汚れ対策」と「迷子対策」をしてあげると安心ですね^^

しっかりと潮干狩りを満喫するためにも、潮干狩りに適した服装で思いっきり楽しんで下さいね♪

*潮干狩りに行くときはこちらも合わせてチェック!
潮干狩りの持ち物リスト!子供連れにあれば便利なもの☆
大洗の潮干狩りの解禁時期とベストな時間帯は?料金やルールについても!
大洗で潮干狩りできる場所と住所は?駐車場台数やアクセス情報も☆
関西で無料で潮干狩りできる穴場スポット11選!県別にご紹介☆

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

*検索したい文字列を入力してください