*キニナル知恵袋*

気になる疑問を解決します!

単位のccとmlとgの違い!料理に役立つ換算表☆

time 2017/04/10

単位のccとmlとgの違い!料理に役立つ換算表☆

レシピを見ていると「cc」「ml」「g」…と色々な単位が出てきますよね。

でも、自宅に計量スプーンしか無かったりすると「30ccって一体大さじ何杯なんだろう?」などといった疑問が出てきます。

料理の計量は非常に重要で、味を左右したり、失敗にも繋がりかねません(>_<)

そこで今回は、単位のccとmlとgの違いについて調べてみました!

料理を作るときにすぐに分かるように、換算表も作ってみましたのでぜひ参考にしてみてくださいね☆

*こちらも合わせてどうぞ♪
生クリームの代用で牛乳は使える?バターと混ぜる場合の割合は?

スポンサーリンク

ccとmlとgの違いについて

「cc」と「ml」は体積を現す単位で、レシピでは水や牛乳などの液体の量を示すときに用いられます。

ccとmlは両方とも体積の単位なので、どんな物質でも

1cc = 1ml

が成立します☆

計量スプーンで言うと

大さじ1 = 15cc = 15ml
小さじ1 = 5 cc = 5 ml

となります。
計量カップで言うと、

1カップ = 200cc = 200ml

です。

スポンサーリンク

一方、「g」は質量(重さ)を現す単位で、レシピでは粉末や固形物の重さを示すときに用いられます。

gの場合、体積=質量ではないので物質によって結果が変わってきます。

結論から言えば、水の場合に限り

1cc = 1ml = 1g

が成立します。

しかし、水以外の調味料を量るときに1cc=1ml=1gと考えてしまうととんでもない味に仕上がってしまいます!

例えば、みりん100cc(ml)=115gだったり、上白糖100cc(ml)=65gだったりと、こんなにも違いがあるのです。
※詳しくは次項の「ccとmlとgの換算表」で紹介しています。

あくまでも、体積(cc・ml)=質量(g)ではないのでくれぐれもご注意下さいね!!

 
この他、補足として迷いそうな単位をメモしておきます。

1L(リットル) = 1000ml
1L(リットル) = 10dl(デシリットル)

ccとmlとgの換算表

先ほど「cc = ml」であり、「g」は物質によって結果が変わるというお話をしました。

では具体的に、どのような換算になるの??という疑問にお答えするため、料理でよく使うものをピックアップして換算表を作ってみました^^

計量スプーンか計量カップを使ってg数を量る際にお役立て下さい☆

例えばお米は「1合=180ml(cc)=150g」なので、1カップだと170gになり、1合よりやや多いということが分かります。

お米を1合炊きたいときに計量カップを使う場合は、「180ml(cc)」の目盛りを目安にすると良いでしょう^^

まとめ

ml=ccですが、gはモノによって全然違うことが分かりました!

普段からよく使う調味料や食材の換算表をご紹介しましたが、いざという時にはやっぱり計量器があった方が便利ですよ^^

この記事がお役に立てましたら幸いです☆

*こちらも合わせてどうぞ♪
生クリームの代用で牛乳は使える?バターと混ぜる場合の割合は?

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

*検索したい文字列を入力してください