*キニナル知恵袋*

気になる疑問を解決します!

赤ちゃんの日焼け止めの塗り方と落とし方!舐めても大丈夫?

time 2017/05/18

赤ちゃんの日焼け止めの塗り方と落とし方!舐めても大丈夫?

赤ちゃんと外出する機会が増えてくると、赤ちゃんの紫外線対策も気になりますよね。

そこで日焼け止めを購入したものの、

どうやって塗れば良いの?

どうやって落とせば良いの?

万が一舐めてしまったら?

などといった疑問が湧いてきます!

今回は、赤ちゃんの日焼け止めの塗り方と落とし方、舐めても大丈夫かどうかについてご紹介致します^^

スポンサーリンク

赤ちゃんの日焼け止めの塗り方

ベビー用の日焼け止めには様々な商品がありますが、使用前には必ずパッチテストを行いましょう!

赤ちゃんのお肌に合うかどうか分からないまま、いきなり顔や全身に塗るのは危険です。

*パッチテストのやり方についてはこちら↓の記事にまとめています。
赤ちゃんの日焼け止めはいつから必要?選び方のポイントも!

パッチテストで、赤くなったり湿疹が出ていなければOKです☆

早速、日焼け止めの塗り方について見ていきましょう^^

顔への塗り方

①クリームタイプの日焼け止めはパール大の大きさ、液状のタイプは1円玉の大きさを手のひらに取ります。

②次に、おでこ・鼻、ほっぺ、あごにちょんちょんと乗せていき、両手でまんべんなく伸ばしていきます。

☆これをもう一度繰り返します

耳や首にも塗り忘れないように塗りましょう。

ただし、目の周りはデリケートなので避けて下さい。

腕・足への塗り方

①腕や足に、直接日焼け止めを乗せていきます。

②乗せた場所から、くるくると回しながら塗っていきます。

この時、外側だけでなく内側も忘れずに塗ってあげてくださいね。

注意点

塗り終えた後にベタつくようであれば、日焼け止めの量が多いということ。

肌に日焼け止めの白さが残らないように、薄く伸ばすのがポイントです。

一度に沢山の量ではなく、少量をこまめに塗りましょう^^

また、赤ちゃんは汗をかきやすく日焼け止めも落ちやすいです。

面倒でも2時間ごとを目安に、一度汗をふき取ってから、塗り直すようにしましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんの日焼け止めの落とし方

赤ちゃんに日焼け止めを塗ったら、必ずその日のうちに落としてあげましょう。

日焼け止めを塗ること自体、お肌に大きな負担をかけているからです。

それでは早速、日焼け止めの落とし方について見ていきましょう!

【用意するもの】

・ベビー用石鹸
・泡立てネット(あれば)
・ガーゼタオル

赤ちゃん用の日焼け止めは、基本的に石鹸で落ちるものが大半です。
(念のため、ご使用の日焼け止めの裏面を確認してみて下さい)

【赤ちゃんの日焼け止めの落とし方】

①お湯で濡らして絞ったガーゼで、日焼け止めを塗った箇所を軽く拭きます。

②次に、石鹸を泡立てネットなどでしっかりと泡立てます。

③石鹸の泡をちょこんちょこんと、日焼け止めを塗った箇所に乗せていきます。

④くるくると回しながらやさしく馴染ませます。

⑤お湯で濡らして絞ったガーゼで泡をなでながら拭き取ります。

⑥ガーゼをすすぎ、再度顔を拭きます。

☆これを3~5回繰り返しましょう


 
ポイントは、ゴシゴシこすらずに優しくなでるように洗ってあげることです。

石けんは、目に入ると沁みるので気を付けて下さいね!

仕上げに、ベビーオイルやベビークリームなどで保湿してあげればバッチリです^^

万が一、石鹸で落とせないものや、石鹸で洗ったもののお肌に日焼け止めが残っている…という場合には、赤ちゃん用のクレンジングシートを使用しても良いでしょう。

赤ちゃん用のクレンジングシートは、ピジョンなどから販売されています。

ただし、クレンジングは肌への刺激がとても強く乾燥しやすいので、肌の弱い子にはオススメできません。

どうしてもきちんと落としたい!という方はチェックしてみてください☆

その際には、いつも以上に保湿をしてあげましょう。

赤ちゃんが日焼け止めを舐めても大丈夫?

想定外の行動を起こすのが赤ちゃんというもの。

自分の指をしゃぶったりして塗った日焼け止めを舐めてしまうことも、絶対に無いとは言い切れませんよね!

万が一日焼け止めを舐めてしまったときに、何か体に影響を及ぼしたりすることはないのでしょうか?

結論から言えば、口に入っても大丈夫な日焼け止めを選んでおけば、舐めても大丈夫です^^

ベビー用の日焼け止めは、基本的に赤ちゃんのお肌に安心な成分ばかりが使われています。

その中には「食べても安心」という、食品レベルでの安全な天然成分を100%使用している日焼け止めもあります。

舐めても安心な日焼け止めは、例えばエルバビーバのチルドレンサンスクリーン。

こちらの商品は化学成分を一切使用しておらず、間違えて口に入れてしまっても無害な原料のみで作られています。
 

アロベビーのオーガニックUVクリームも、天然由来成分100%で安心できる商品です。

こういった日焼け止めを選んでおけば、万が一赤ちゃんが日焼け止めを舐めてしまっても心配ありませんね♪

もしも、舐めても安心な商品ではない日焼け止めを舐めてしまった場合には、様子を見て消費者センターや小児科に相談した方が良いでしょう。

まとめ

日焼け止めは、万が一赤ちゃんが舐めてしまっても大丈夫な商品を選んでおくと安心です。

正しい塗り方、落とし方で赤ちゃんの綺麗なお肌を守ってあげてくださいね^^

*関連記事*
新生児の日焼け止めはいつから?室内でも紫外線対策する方法!
赤ちゃんの日焼け止めはいつから必要?選び方のポイントも!
赤ちゃんの日焼け止め人気ランキング10選!石鹸や水で落とせる!
赤ちゃんが外出できる時期はいつから?車の場合や時間帯についても。

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

*検索したい文字列を入力してください

アーカイブ